Skip to content

お酒を選ぶポイント

Pocket

ダイエット中のお酒の場はなかなか辛いものですよね。ただし、お酒はしっかり知識をもって飲むことで太らない飲み方ができるのです。そんなダイエット中のあなたに太らないお酒の選び方・飲み方を紹介します。

◆お酒を選ぶポイント
お酒を選ぶ際に、「太りやすいお酒」と「太りにくいお酒」あります。まずはその知識をしっかりマスターしておきましょう。
「太りやすいお酒」
・ビール
糖質やタンパク質が含まれており、炭酸ガスや苦みのあるホップ成分には食欲増進効果があると言われているため、より太りやすいお酒と言えるでしょう。

・日本酒
日本酒はお酒の中でも最も糖質が多く含まれているお酒で、太りやすいお酒だとされています。

・ワイン
ワインも日本酒と同様です。しかも甘口ワインは辛口ワインと比べて残糖が10倍ともいわれているので、太りやすいお酒だとされています。

・梅酒・酎ハイ・カクテル
果汁や砂糖シロップが加えられているものは、糖質が含まれているので太りやすいお酒と言えます。
「太りにくいお酒」
・焼酎
・ウイスキー・ブランデー
・ウォッカ・ジン・テキーラ・ラム
これらのお酒は、糖質が含まれていないため、太りにくいお酒です。

◆進化したお酒「糖質オフ」がおススメ!
お酒も最近は進化してきており、ビールなどでも「糖質オフ」「脂質オフ」という商品が販売されています。どうしてもビールが飲みたいという方にはこういった「糖質オフ」などの商品であれば、通常のビールよりは、まだ太りにくいお酒にはなるでしょう。

◆まとめ
このようにダイエットとお酒との付き合いかたは、上手に向き合えば、そこまで過敏に拒絶するほどのものではありません。お酒も進化しており「糖質オフ」などといった商品もありますし、焼酎のお湯割りは代謝を高める効果もあります。ダイエット中でもお酒は上手に付き合えばダイエットの妨げになることはないのです。